EnterpriseDX ハイカウンター業務を変革する「SmartCashStation」

5:21

SmartCashStationは、現金処理をセルフシフトするネットワーク型セルフ入出金機です。金融機関さまをはじめ現金の授受を必要とするさまざまな市場において、お客さまご自身による入出金処理をサポートし、現金関連事務の効率化・堅確化を実現します。 山梨中央銀行様では、お客さま操作用タブレットを銀行さま、SmartCashStationを中心とした仕組をOKIが提供する共創ソリューションとして、山梨中央銀行様で運用を開始しております。タブレット2台とSmartCashStation1台という構成のセミセルフ型でハイカウンター業務の効率化をされています。 山梨中央銀行様との共創の中では新たな制度対応なども盛り込み、セルフ化できる範囲の拡大やより一層の業務の効率化などを目指しています。具体的な例としては、2023年度から実施される地方税QRコードの規格統一への対応を検討中です。

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み