複数センサーの連携で高度化する広域作業現場の安全監視ソリューション

2:58

建設業・運輸業・製造業の現場では衝突・転落などの労働災害が多く発生しており安全性の向上が課題となっています。そこで、OKIは現場内の危険な個所への人の立入を監視することができる可搬型エリア侵入監視システム「MotionAlert」を販売しています。「MotionAlert」は、現場内の立入禁止か所付近に設置し、危険エリアを設定するだけで監視を開始することができます。可搬型のシステムですので、現場内で監視すべき場所が頻繁に変わるような場合でも、監視場所の付近に簡単に運搬して監視を行うことができます。また、現場内に複数のエッジ端末を設置して現場全体を監視する「広域現場監視ソリューション」の開発を行っています。「広域現場監視ソリューション」は、現場内の人だけでなく重機の検知も行うため、危険エリアへの立入の予防だけではなく、人と重機・重機同士の衝突予防を行うことができます。

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み