AIビジネスを円滑に進めるための環境整備と人財育成

3:50

ビジネスでのAI活用において、従来とは異なる品質管理や倫理的なリスクへの対処が必要です。例えば、自動運転車が事故を起こした時の責任の在り方や顔画像を利用するときのプライバシー侵害への配慮など、法律だけでなく、社会面や倫理面においても、AIの活用方法に問題を抱える可能性があり、人々・社会が受け入れられる活用/提供方法を検討しておく必要があります。 OKIでも社会課題の解決のため、AIを活用した商品の提供を進めています。このため、2019年に「OKIグループAI原則」を発表し、OKIがどのようにAIを活用していくかの方針を示しました。また、その原則を実行力のあるものにするため、全社横断でAI製品のガバナンスの構築をすべく、取組みを行っており、その活動についての紹介します。 このようなOKIの取組みは国内企業でも先進的な取組みとして、総務省の「AIネットワーク社会推進会議」でも事例の一つとして取り上げていただいております。 報告書2021: https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/ai_network/02iicp01_04000232.html AIガバナンスの取組み事例: https://www.soumu.go.jp/main_content/000770820.pdf AI製品に対するガバナンスの構築の他、AIエッジ領域のビジネス拡大に向けた人財育成の一環として中央大学との共創も2020年から開始しました。その具体例について紹介します。

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み