【CEATEC2020】「壊れない・止まらない社会インフラを実現する多点レーザー振動センシング」説明員プレゼンテーション動画

2:59

OKI独自の方式で世界初となる今回のレーザー振動計は、たった一台で非常に広範囲にある多くの機械設備の振動の常時監視が可能になります。コストを抑えつつ多点の振動をレーザーで高精度に観測,見える化し、施設全体の予兆保全を可能にします。 特長 ・レーザーによる非接触方式であらゆる機械設備の振動を測定 ・光スイッチと光ファイバーを用いた多点かつ広範囲の測定 ・低周波から高周波まで広帯域の振動の測定 想定利用シーン ・製造機械の常時モニタリング ・インフラ機械設備の常時モニタリング ・ビルの熱源機械設備の常時モニタリング

さらに表示
簡易表示

この動画を共有

埋め込み